日常記録2017年05月18日

ゾイドのスマホゲー「ZOIDS FIELD OF REBELLION」
略して「ゾイドFOR」がようやく配信されて一ヶ月

巷の評価が鬼低い事とプレイヤーの立ち回りを見ていると
MOBAで有ることが問題の最大の原因のような気がする

直近のマテハンはゾイドの見た目がコレジャナイだったので
懐かしさと共に触れた人はアレ?!って思った事だろう

今回は見た目はインフィニティのようなモデルに戻り
クラシックのスタッフが関わったPVも心躍るものがあったが
ゲームの内容にアレ?!って思った人が多いようだ

好きなゾイドに乗ってめちゃくちゃ動きまくる

そんな感じでやってみた人に問答無用で渡される狼
ゾイド自体はガチャではなくコインで買えるので良心的だ
それはいいのだが・・・

タイトルやロード画面で主役扱いのシールドライガー
これがデフォでコングや狼より足が遅い!?
Eシールドや格闘はアイテム扱いで引くまで使えない
(他のゾイドもデフォでは格闘できない)

他にもヒーラーのような扱いのレッドホーンや
拠点砲撃能力が低いディバイソン、走る装甲薄いジェノ等
ゲームの性質上捻じ曲げられた設定でモヤモヤ・・・

MOBAと言うのは与えられたロールを適切に果たし
味方を勝利に導くという性質のゲームなのだが

シールド好きな人はシールドアタックで無双したいだろうし
レッホは突撃、牛は圧倒的火力で制圧
ジェノはホバーでスイーっと移動してクローや荷電で攻撃

・・・したいだろうけどできないしやろうとすると確実に負ける
そんな感じでよくわからないまま低評価になったと思われる

スタミナやいわゆる魔法石の概念はなく
プレイ自体はいつでもできるのだが
ゾイドの強化は実質宝箱を開けるしか無く、
勝利してもらえる宝箱は時限式となっている

これが最低3時間から最長12時間で
初心者の集中プレイによるゲームへの理解を阻んでいる

もちろん課金すればこの問題は解決するのだが
本来とりあえずやってみて、楽しくなってきたら
上を目指すために課金なり集中プレイしたりするのが普通

それをいきなりなにやるにしても課金を求められ
ゲームプレイによるコインの入手機会も皆無なので
さっさと先を見通してプレイを止めてしまう人も多い

これは昨今の課金ゲー全般にも言えることだが
課金要素の弊害がプレイヤーの質をも変えてしまっている
まるで資本主義の限界を見ているようだ

重課金者と無課金者の差はゲームにならないほどの
極端なバランスとなってしまっていて
マッチング次第で腕ではどうにもならない部分がある
対戦ゲームとしては中々にバランスが崩壊している

もっとも課金要素で大幅に強化できる時点で
MOBAもロールもへったくれもないような気がするが・・・


ここまでこのゲームの悪い点を列挙してみたが
SNSやDLサイトの評価とは違い
文句を言うのは単純にゾイドで戦うのがおもしろいからだ

対戦が上手く噛み合えば今までのゾイドゲームにはない
様々なゾイドによる団体戦の醍醐味が楽しめる

それゆえ、あえて悪い点を書く

ゲームを発火点に、ゾイドと言うコンテンツが盛り上がる
その重要な役割を担っているのだから

日常記録2017年05月12日

静岡ホビーショーが開催された。

情報サイトを巡っていたらブラッドサッカー商品化とあったので
またレジンキットかなにか展示されたかと思ったら
なんとアクティックギアの次弾としてパネル展示!?

中途半端なツヴァーグとRSCの無茶同梱で
てっきりフェードアウトかと勝手に落胆してたら
ここにきてブラサカのAG化が成るとは!!

当時図面まで起こされてAG化秒読み段階だったのに
担当変更で立ち消えとなっていた幻の商品

ラストレッドショルダーで4機のタボカスはまだしも
トレーラーまで商品化されたから当然出るものと信じていた
ストラビツヴァーグ並に待望されていたのは間違いない
(そういえば全部秘密結社のATだな・・・)

流用でグラントリーとかはまずないと思うが
とりあえずイプシロンの乗機がこれでコンプとなる

一緒に展示されているタボカスに不安が過るが
再動AGでの量産型ATは初となるので
ここは単品発売に一縷の望みを託したい・・・


MAXのダグラムシリーズは遂にマッケレルが!
ブッシュマンも驚いたがやるのねあのデカブツ・・・
これで残すはサバロフ/ニコラエフのみに
とか思ってたらパジャマソルティックにブリザード!?

ソルティックは残念ながら固定モデルとなりそうだが
ガンナー系がブリザードからとは驚いた!
一番好きなガンナーなので大歓迎だ
この流れだと防寒着ビッグフットも来るか?!


ガンダムは144BD1号機のリファイン?
前のキットよりは大河原デザイン寄りになってるけど
腹部の蛇腹構造と頭部がまだまだだ・・・
そんでもってシュナイドとか出す前に素のイフリートはよ

RE/100のハンマ・ハンマ滅茶苦茶カッコイイ!!
1/100が不遇なダブルゼータ敵MSだが
サイズアップされるだけで問答無用の迫力がある
(実際この時期のMSは無駄にでかいの多いが・・・)

バンダイでは他に新サイクロンのキットが気になる・・・
SHODOとサイズが合うのかの一点で(爆)
なにより安いのでバイクモデルシリーズとしても
ぜひ歴代主役バイクはコンプする勢いで続いて欲しい


けもフレ関係は撮影NGのようで残念・・・
ただタイミング合わせてfigmaのかばんちゃんと
やはりと言うか待ってましたのジャパリバス商品化発表!
めっちゃ欲しいけど置き場所が・・・(滅)
IV号H型も苦渋の決断で購入見送ったのにぃ!!
(実は一番好きなF2型が来ないかな~と待っている・・・)


不参加のメーカーも多いので買いたいのはコレぐらいだが
今回はゲーム関連がちょっとさみしい・・・

エグゼイドに関連してバンナムからゼビウスのキットとか
ナムコキャラのトレフィグ的なものを期待していたが
装動で各種ゲーマーが出るだけでも御の字なのか・・・

ゲーム系を出すメーカーに不参加多いので
少なくなったようにも見えるが・・・

やっぱ直撃世代で生粋のファンが作る側にいないと
マイナージャンルの商品化って難しい部分がある
最近はSNSやメーカーのブログ公開が進んで
開発者の意気込みが語られるので特にそう思う・・・

日常記録2017年04月30日

ガルパンという作品が誕生したおかげで
何度となく訪れることになった茨城県の大洗

今回は遂に凱旋上映となった
劇場版GuP大洗センシャラウンド特上爆音上映を観に
また来てしまったのだ、オオアライさ~ん!

音響監督の岩浪セッティングとも言えるセンシャラウンドは
思えば水戸、平和島、立川、そして幕張、と
何度となく体感してきたわけだが
その集大成とも言える採算度外視の凱旋上映!
突撃しないわけには行かないのだ!(爆)

しかしOY防衛線として訪れたことのある会場の役場
大洗文化センターだが中に立ち入るのは初めて

本来映画上映するようなホールじゃないので
そこそこのスペースになんと驚きのキャパ800人!

正に昭和!な作りで横も縦もキュウキュウに詰まってて
荷物を置くスペースもない狭さにビックリ
椅子も固くてここに2時間以上は確実に腰やられる!

しかし夢の大洗上映なのでそこはみなグッと我慢
会場は杉山Pの所々丁寧語があやしい案内でお出迎え
ここでも会場演出においてネタバレ注意のアナウンス
なにがそんなにネタバレするのだろうか?

前方左右にはなぜかネットを外された巨大なスピーカー!
後方左右にも櫓に設置された巨大スピーカー!!
そしてスクリーン下に8x2の16連ウーファー!!!

まるで野外ロックライブのようなとんでもない音響設備が
地方の町の文化センターホールに構築されている!(笑)

そして場内暗転からのカーテンアップで
チラッとスクリーン越しに見えるセンタースピーカー!
何故か演者ではなくスピーカーがライトアップ!
そして音響スタッフ、杉山P、とんかつ屋さん(笑)が登場!
そこで壇上に並べられた複数の筒から煙噴出!
プロレスではよく見るけど裏方登場の演出じゃねー!(笑)

ノリノリの岩浪監督のトークで場内は爆笑&拍手喝采!
杉山Pの暴走トークで時間が押すのが恒例だったが
なんと今回はスクリーンにカウントダウン表示が!
これで定刻通りに進行せざる得ないわけだ(笑)

会場全員でのパンツァーフォーからいよいよ上映スタート
一転場内は静寂に包まれる、みんな分かってる
今日は観に来た以上に聴きに、そして体感しに来たのだ!

当初キャラのセリフの聞こえ方に若干違和感を覚えたが
戦車の砲撃音や駆動音の音圧が凄まじい!
特にカチューシャ達がゴルフ場の坂を登りきる時、
かーべーたんのホテル誤射の時が迫力満点!

親善試合が終わって不穏な空気が流れる中
遂に役人の第一声が真後ろから!「君たち~」
自前に監督から一番のこだわりポイントと説明あったが
マジでそこだけ真後ろからで分かっていても笑ってしまう

監督からここだけは声援OKと許可が出ていた
ボコワールドでのボコステージのシーンでは
場内から「がんばれー」と声援が飛ぶこの一体感!(笑)

そして大学選抜と怒涛の30対30の殲滅戦突入!
ここも自前に監督から話は聞いてたし予想もできたが
カール砲着弾時大音響に照明とスモークの演出が!!

4DXに負けず劣らずな大迫力のサプライズ演出に
観客全員度肝を抜かれ、静かな歓声と感嘆の溜息が・・・

その後のカールどアップからの砲撃音が一番凄かった
雷のような発射音と音圧による振動は正に圧巻!

何度も見て分かっていて心構えもできてたのに
実際に空気がビリビリと振動するあの感覚に痺れる

大洗連合の勝利宣告で場内からは自然と拍手が・・・
そして立川ではあまりの極爆でズンドコ節になってた
EDの名曲「piece of youth」がちゃんと綺麗に聴こえる!
もうそれだけで感動で涙が溢れてきそうだった

そこへスクリーンに「ありがとう、大洗」の文字が!
同時にエアキャノンで銀テープ発射!!
なにからなにまでサプライズな演出に大満足!

4DXを初めて味わった時もとてつもなく感動したが
今回は大洗で上映ということで感激もひとしお
なにせ会場出たら実際のOY防衛線なんだもんさ!(笑)

町中に吶喊せずにはいられない!それが知波単魂!!

入場じゃ気が付かなかったけど外に電源車がいた(笑)
出張物販コーナーに生ボコのきぐるみも来ていた
月刊戦車道のアンケートも、また作るのか!

そして残りの時間で大洗をたっぷり散策・・・

オープンしたばかりの仮設のまいわい市場と
ガルパンギャラリーは大賑わい
町中もファンでいつも以上に賑わっていた

今回は新装開店したセイブ食彩館まで足を伸ばし
おみやげにガルパンお惣菜を買い漁って特典ゲット(笑)

パネルが刷新されてからはじめて来たので
ルクリリや細見とかも見ておきたかったが
なにも混み合ってる時に見て回らなくてもいいと思い
明るいうちに撤収することにした・・・
知波単県にいるので車ですぐ来れるし(爆)

そう言えば今回ちょっと遠回りして去年オープンした
圏央道の千葉~茨城ラインを経由してきたが
起点からず~っと対面通行なのね・・・

こりゃ~ノロイのいたらアウトじゃないですか・・・
普通に首都高通ってく方が大洗へは早そうだ
市川の千葉外環が完成したら短縮できるかな?・・・

とにもかくにも素晴らしい時間を過ごせた
ありがとうガルパン、ありがとう大洗、ありがとう岩浪監督!

今度空いてる時期にまた大洗に行きます!

日常記録2017年04月14日

この日はフィアナ役の弥永和子さんの誕生日・・・
ご顕在ならば70を数える日だった。

どうせならとこの日に合わせて更新準備していた
フィアナの愛機であるAGブルーティッシュだったが

まさか日が変わる直後に
とんでもない訃報が入ってくるとは・・・

ボトムズを始め、ダグラムやトルーパーなど
数多くの名作のキャラデザを担当された塩山紀生氏・・・
13日の未明に自宅の火事により亡くなられたのだ。

当初は名前だけの報道で別人かも・・・とも思われたが
残念ながらご本人だったことが後に確定してしまった。

ウェーブの35ラビドリーからマックスの72ダグラム、
ハイメタルダグラム、ミニプラガリアン、そしてAGと
高橋監督と主に携わった作品の再立体化の流れで
ボックスアートとかまだまだ活躍する機会はあっただろう。

とにかく残念で仕方ない・・・

男だらけのダグラムやボトムズ、ガリアンで
氏の描く大人の男達の描き分けは凄まじかった。

かと思えばトルーパーで少年達を生き生きと描き
当時の女性ファンに熱狂的なブームを作り出した。

一見して特定できる絵の力は素晴らしいの一言だ

あげはじめるとキリがない・・・
数々の名作にただただ感謝の言葉しかない。

素晴らしいキャラクター達をありがとうございました。

更新記録2017年04月14日

AGコーナー更新。
AG-V03ブルーティッシュドッグ、リニューアル
http://hanegaru.main.jp/hfagv_004.htm

同じブルーティッシュの立体物でも
商品によってカラーがマチマチでおもしろい。

AGNEXTがもっと続いていれば
いずれはラインナップに加わって
マガジンのギミックが今度こそ採用されたかもしれない

再動したAGにてワンチャンあるか否か・・・

更新記録2017年04月04日

ゾイド大解析、アナザーゾイドTOP刷新、
ビッグマンクス画像追加
http://hanegaru.main.jp/d198x_025.htm

大解析のTOPをスマホに合わせる作業・・・
ようやく旧ゾイド時代のアナザーゾイドまで終了・・・

ついでに行方不明になっていたビッグマンクスの
青バージョンを発掘したので掲載を・・・
と、思ったら緑版とスターランナーが行方不明だ!(死)

この辺りはえらい前に撮影したっきりで
ZOIDS2の画像などはHDクラッシュに巻き込まれて
元画像ごと闇の彼方に・・・(涙)

・・・なんだかなにかページ更新しようとする度に
行方不明なものを探していて、この前見かけた・・・
と、思ったものが次には見つからないという悪循環(滅)

ゾイドは組み立てると箱に戻らないので
完成状態でしまってあるととにかく探すのが大変!
箱にしまうと未組と混ざるからそれはそれで大変!

新旧並べて撮影とかしなきゃ楽なんだけど
自分が見たいんだから撮影しとかないとイカン!

そんなわけでしばらくスタリアスを探す作業・・・
たぶんスターランナーと一緒なので
見つけ次第ページ更新予定で、予定は未定(爆)

日常記録2017年03月29日

今年から色々やろうと思って準備していたものの
初代ファラオで何回も組み換えミスを繰り返して
その都度撮影し直して疲れていたのはきっかけの一つ

3月に入ってソシャゲのイベントが重なって
カレンダーにスケジュール書くぐらいみっちり時間計算して
日々の目標達成しては疲れていたのもきっかけの一つ

車を買い換える為に剪定作業で色々資料を見て
各社のディ-ラー巡りをして乗り心地や装備確認をし
ようやく納車終わって疲れ果てたのもきっかけの一つ

・・・

・・・

最大の要因は昨日終わったけもフレのせい(爆)

た~のし~!(笑)


ねこ好きのけもなーとしては見ない訳にはいかない
前からサーバル飼いたいなぁとも思ってたし・・・
(猛獣指定なので色々と管理がめんどうで飼えない)

ペンギンとかワラビーとかアリクイとか
可能ならば飼いたい動物はいっぱいいるのだ!
(アライグマは害獣なのでご遠慮するのだ)

もっともうちには既にご長寿猫が数匹居座っていて
これ以上新人を増やすわけにもいかず・・・

ほんわかな気持ちでけもフレ視聴してたらアラ大変?!
ゆるふわ雰囲気に隠されたディストピアじゃないですか!

随所に散りばめられた世界観の謎にすっかり夢中
サーバルやアライさんにIQを下げられつつ(笑)
各話で示された謎を考察するのが楽しみに!?

気がつくとBD全巻予約してニコニコも見まくってる!(笑)
サントラとミニドラマCDが楽しみで仕方ない!

流石にソシャゲの方には手を出せず・・・
放送前に終わってなかったら確実に手を出してたけど(死)

気がつけばホムペ作業が中々進まない!!(滅)

このままだとムゲンバインに続き
アクティックギアも再動に間に合わなくなってしまう・・・
(ゾイドも今古いアイテムの掲載準備に入ってますよ)

来月はムゲンアーサー、その次はストライクドッグだ!
6月とかアイテム集中しすぎてマジヤバイ!!!
毎週掲載しても間に合わないペースだコレ!(死)

現状1日でミニプラ1つも片付かないのに
エグゼイドとキュウレンが増えるペースが恐ろしい(震)

かと言って買っておかないと即難民!
確保しては積むのが日常と化してしまっている!!!(鬱)


・・・

・・・

手を動かしましょう!(笑)

千里の道も一歩から!

素敵な旅立ち!

ハイハイ!(笑)

更新記録2017年02月24日

ムゲンバイン再動記念。
ムゲン五神獣(初代ムゲンファラオ)掲載
http://hanegaru.main.jp/hfmugenbine_004.htm

今更ながら10年前にやり残した事を実行・・・
わかっちゃいるのに何度も組み間違えて撮り直し(滅)

頭に組み方が入ったときが一番ヤバイ!(苦笑)
そんな時のための組み方掲載だったわけだが・・・

作業量の多さでアシュラとバインズ辺りで頓挫(死)
Gシリーズ合わせた合体は試してもいない(爆)

プラモどころか食玩も積みが多くなってきて
未開封だと場所取って仕方ない・・・

ある意味ガンプラのパチ組みより辛いシール地獄
ムゲンスフィンクスの頭とか二度とやりたくなかったのに
3度も来るとは!(笑)幸い3度目は楽になったけど

元々デカールとかシールとか貼るのが超苦手で
最近は目も悪くなったのでますます億劫に・・・

そんなわけでムゲンバイン復活は青天の霹靂
3度目の正直でようやく初代のページが作れた・・・

あとはDXとサーガ版だ(笑)

日常記録2017年02月19日

ワンフェスが開催された

よほどのことがない限りガレキには手を出せなくなったので
自宅待機で生放送を見ながら情報待ち・・・

パワードシステムが好評なダイアクロンは
それを軸にしたビッグパワードと支援マシンの数々

新生ダイアクロンはデザインがちょっと米よりだが
プレイバリューは素晴らしく、男心を刺激する

パワードシステム関係はなるべく揃えたい
ビッグパワードは・・・3万超えかな・・・


ゾイドはHMM帝国ライガーゼロの発表のみ
MPの続報は望むべきもないのか・・・

アクティックギアはラビドリーとベルDTのセット発表
それは自前に発表していたとおりで
喜びもあり、ガッカリもあり・・・

だが問題は同時に展示されていたツヴァーク

一瞬歓喜したがよく見るとモナカキット・・・
猛烈に嫌な予感がしてきたが
生放送で発表された内容に心底失望した

ツヴァークは実質AG化の夢が絶たれたのだ・・・

しかも数揃えたいのにラビセットのオマケ扱い
簡易キットということで内蔵銃や専用武装
サンドローダーの付属も怪しくなってきた・・・

ブロッカーはともかく後はバックスと亀MK-II
そしてツヴァークさえ出ればTV版コンプだと言うのに
完全復活する前にこの絶望感・・・

一番楽しみにしていただけにガッカリ感半端ない


他はフィグマのモスピーダとかガルパン関係とか
早くも発表されたけもフレ立体化とか
色々あったにはあったが、とにかくガッカリだった

思えばゾイドも色々ガッカリする事は多かったが
ストライクが好評ならまだチャンスは有るかもしれない

DMZも復活とか怪しい動きも有るが
まずは6月を待ってサイト更新に勤しみたい

日常記録2017年02月12日

「この世界の片隅に」 と、いう映画を見てきた・・・

前情報を入れてなかったので誘われるがままに見たが
本編前の予告映像を何処かで見た記憶があった・・・

舞台は昭和初期の広島・・・

これだけでイヤな予感がする・・・

絵柄だけ見るとほのぼの系かと思っていたのだが
時代が進むに連れてだんだん雲行きが怪しくなってきた

広島の町並み、程なくして登場した軍艦の描写
時代考証がいやに凝っている・・・

やがて主人公は結婚し、舞台は呉に移った
当時の呉は超重要軍事拠点、もちろん攻撃された

まったく知識を入れてなかったので結末はわからない

この時代を描写した超有名作品が2つあるが
そのような結末だけは見たくなかった

不安がドンドン加速する中
主人公の周りに不幸が押し寄せてくる

そして運命の日、主人公がその瞬間どこにいるのか

広島に帰るようなことを言っていたが
その瞬間は呉に留まっていた

終戦を迎え、家族も帰ってきた
これからは荒廃した日本で生きていかねばならない


見終わった感想としては
これは戦争の悲惨さを訴えた映画ではないと思った

たまたまその時代に生まれ
それでも力強く行きていくしかない

そんな主人公の人生を描いた映画だった

戦争映画は好きだ・・・と、言ったら語弊があるが
ドキュメンタリーや史実をベースにしたドラマはまだしも
ことさらに不幸や悲惨さを押し出した映画は好きじゃない

あくまで歴史の一部として純粋に見てみたいだけだ

スタッフロールが流れている時に
何処で見たか明確に思い出した

当時の広島を徹底的に取材して
アニメとして再現するというニュースを見た事があったのだ

どうりで絵柄の割に描写が緻密なわけだ・・・

主役の人は声優ではなかったが
脇はしっかり声優で固めてあったので違和感は少なかった

自分からは決して見に行くことのない映画だろう
自前情報を入れていなかったのも良かった

あまり賛美すると時代の性質上
どうしても政治色が強くなってしまうので

素直に「良かった」という感想だけにとどめておく